秋元里奈(食べチョク)社長の学歴や経歴について!結婚も気になる!

気になる社長

食べチョクは、運営会社の基準をクリアした農家だけが登録できるインターネット上の野菜マーケットです。

オーガニックで高品質のものだけを取り扱っていて、買い手と農家が直接繋がります。

また、スーパーにはない珍しい食材も手に入り、口コミは上々、登録農家も上々ですd(^-^)

では、その波に乗っている食べチョクの社長についてと、食べチョクについて見ていきましょう(^o^)

秋元里奈社長の学歴・経歴が気になりますよね!

食べチョクの社長さんは、秋元里奈さんという女性の方です(^^)

1991年で、まだ28歳という若さで社長になっている強者です。

秋元さんが生まれたのが相模原市の農家で、神奈川県立相模原高校を卒業後に慶應義塾大学理工学部を卒業しています。

頭いいですね~(^.^)

そして、大学を卒業後にDeNAに入社します。

入社後はWebサービスディレクターや営業チームリーダー、新規事業の立ち上げなども経験し、バリバリのキャリアウーマンでした(^-^)

しかもDeNAを選んだ理由が、早いうちから自分が主体で動けるような会社が良いからです。

だからベンチャー企業を選びました。

その言葉通り、3年半でたくさんの事を学び、退職しています。

そして退職して、現在の会社である「ビビットガーデン」を設立します。

DeNAにいるうちから実家である農業でのビジネスで勝負しようと思いましたが、親から農業は儲からないと言われていました(;o;)

しかし、それを儲かるように仕向けるのが、ビビットガーデンです。

秋元里奈さんは起業して、農業に革命をもたらそうとしています(^-^)

ちなみに年収ですが、調査しても分からなかったです(TT)

社長と言えども起業したばかりですし、恐らく30万円~45万円ぐらい?でしょうか。

そうなると、年収は360万円~540万円かなという感じです。

全く違ってたらごめんなさい!

もっと年収は上かもしれません(^^;

結婚されているの?家族やご両親は?

秋元里奈さんの両親については、秋元里奈さんが事業を始めるきっかけについて話をする時によく話に登場します。

秋元里奈さんがビビットガーデンを立ち上げたのは、両親が農家で農業は儲からないから後を継がなくていいと言われたのがきっかけの1つです。

また、農家の働き手が母しかいなくなって、農地が遊休農地(作物が育たない農地)となっているからだとも言っています。

高齢化などの農業の問題を解決するのが、秋元里奈さんの起業のきっかけと目標です(^_^)

という事で、秋元里奈さんの両親はいます。

ただ働き手が母1人なので、お父様は亡くなっているのかもしれませんし、別居や離婚されたのかもしれません(>_<)

または、お父様は介護される側になって農業に携わっていないなども考えられます。

いずれにしても、今は農業をやっていないという事です。

また、兄弟についてはっきりと「何人兄弟です。」と秋元里奈さんが明言してた訳ではありませんが、弟さんがいるようです(^-^)

雑誌のインタビューでは、弟さんと実家の畑でよく遊んだそうです。

その弟さんの写真がインターネット上にあるのですが、背格好が似てるので秋元里奈さんと2歳差など歳が近いのかなと推測できます(^-^)

畑で遊び、祖父が作った野菜が大好きだったという秋元里奈さん。

今ではその畑が遊休農地となり、寂しい思いをしています。

だから農業を活性化させたいとの思いで、ビビットガーデンで奮闘中です(^O^)

また、秋元里奈さんは2017年1月時点では結婚していないとインタビューで答えています。

結婚して子供ができても、仕事も育児もバリバリとこなしていきたいそうです(^o^)

たくましいですよね(^-^)v

ちなみに、好きな男性のタイプは超ポジディブで仕事に誇りを持っている人だそうですよ。

忙しさを理解してもらいつつ、どんなに落ち込んでいても一緒にいて元気になれる人がタイプだそうです(^^)

株式会社ビビッドガーデンについて

ビビットガーデンのコンセプトは「生産者のこだわりが正当に評価される世界へ」です。

通常、農産物はJAや小売店を通じて消費者の元に届きます。

それゆえ、農家が得られる利益は3割ほどです(TT)

また、価格は流通の過程で決められてしまいまい、農家がいくらこだわってもそれを遠い消費者に伝わりません。(´Д`)

そこでビビットガーデンでは、農家と生産者を直接繋いで農家の利益を上げるのが目的です。

また、農家がこだわった野菜を自由に価格設定する事で、農家のこだわりが伝わります。

消費者にとっては農家が直接、野菜を梱包して送ってくれるので、新鮮な野菜を田舎の親から暖かみと一緒に送ってもらうメリットがあります。

また、飲食店向けの「TabeChoku Pro」もあり、シェフがサラダに利用できるお勧めの野菜を教えてもらいたい、特定地域の野菜を送って欲しいなどの要望に答えます。

さらに食べチョク出張マルシェでは農家が野菜を対面販売、オフィス向けに野菜を発送などもビビットガーデンは手掛けています。

農家と消費者が直接繋がるのを軸にしたサービスで社会に貢献するのがビビットガーデンなのです(^-^)

食べチョクのシステムについて

食べチョクでは、都度払いのシステムと定期購入の2種類があります

都度払いでは、好きな農家を選んでそこから好きな商品を購入します。

好きな産地から選ぶも良しですし、気に入った農家さんをリピするも良しです(^^)

商品の他にも農家さんの特徴、生産者の顔なども分かりますし、農薬化学肥料不使用など野菜の特徴まで書いてあります。

商品一覧で、どんな野菜がいくらで、どんな特徴があるのかが一目で分かるので、さすが秋元里奈さんはDeNAで活躍していただけありますよね(^_^)

そして定期便では、野菜の量によってS、M、Lに分かれています。

Sは月額2980円、Mは3980円、Lは4980円です。

定期便では、最初に購入者が好きな野菜やオーガニック志向かなどを登録します。

それに応じてビビットガーデンが農家を選んで野菜を送ってきます。

そしてその野菜の感想を書けば、次回はさらに合ったものを配送してくれます。

定期便といえども、オーダーメイドなのです(^^)

現在は定期便だと、農家は固定していません。

どの農家の野菜が届くかは、毎回違います。

今後は農家を固定して、決まった農家から定期便ができるように検討しているそうです(^.^)

食べチョクの口コミや評判

悪い口コミ

・都度払いを利用しましたが、送料が高いです

・値段がもう少し安いとありがたい

良い口コミ

・野菜は目が覚めるほどおいしい

・野菜のおいしい食べ方などの紹介が農家さんから来て参考になる

・新鮮な野菜ばかりで、スーパーの野菜とは違う

口コミでは、野菜がおいしいとの声が多数ありました(^o^)

秋元里奈さんも野菜には絶対的な自信があるようなので、やはりおいしさや新鮮さはスーパーとは格が違います。

農家直送で畑で採れたばかりの野菜を送ってくれるので、おいしさは格別ですよね(^^)

悪い口コミだと値段についての声がありますが、有機農法などこだわり抜いた野菜なのでスーパーの野菜とは値段が違うのはしょうがないですよね(>_<)

値段が高い分だけ味は保証されていますし、食べチョクの評価は値段が高くても良いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました